スイム/具体的な練習方法と練習場所/ロングトライアスロン迄の練習方法

公開日:
最終更新日:2014年12月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

ロングトライアスロン迄の練習方法

具体的な練習方法と練習場所

では、この時どんな練習をどんな場所でしたのか?をお伝えします。
ちなみ筆者は東京都中野区に住んでいます。

スイム

スイムは嫌いだしうまく泳げないのだけど、とにかく3.8kmを泳がなければならないので、泳ぐしか方法はないと思っていました。今だったら効率的な泳ぎ方の練習とかをするかもしれません。
 

スポンサーリンク


 
練習場所

場所は「東京体育館」「近所の中学校のプール開放」の二つ。

東京体育館は50mプールで水深も深い。とても気持ちよく泳げるプールなのですが、かなり出来る人が泳いでいるので、遅い筆者はちょっと邪魔な感じ。今でもたまに行きますが、相変わらず遅くて邪魔。

近所の中学校は1時間200円とメッチャ安いので、定期的に通っていました。魅力なのは「近い」「安い」です。最近は新築の中学校に解放が移り、とても快適で安いプールになりました。自宅からさらに近くなったのも魅力的です。
nakano_pool

練習内容

この頃はとにかく「泳ぐ」しか出来なかった頃。その中でも気を使っていたのは、息継ぎをどうするか?左右ストロークで1回の息継ぎだったのですが、どうも抵抗ばかり増やしてしまい進まないので、3ストロークに一回の息継ぎに変えました。通常は右呼吸だったのですが、この泳ぎ方にすると左側でも呼吸をする事になります。左右で息継ぎをする練習をしました。

これで若干スピードがあがりました。

加えて、腰や足を浮かして体を水平に保ち抵抗を少なくする。キックは腕のストロークと同じ回数しかしない。ヘッドアップをして回りを見る。等を練習をしました。

 


coverimage

ロングトライアスロンで完走したいあなたへ!制限時間ギリギリのトライアスロン馬鹿がお教えします。

こちらのコンテンツを当サイトで加筆、修正しながら紹介しています。

じわりと中身を公開して行きますので、のんびりおつきあいください。急いで読みたい方はAmazonでご購入を!



スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2018 triathlononline.jp All Rights Reserved.