バイクそのもの・サイクルコンピュータ/バイク道具 / 必ず必要な道具

公開日:
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

必ず必要な道具

バイク道具

バイクそのもの

バイクはスポーツバイクと呼ばれているバイクの中でも「ロードバイク」と呼ばれている物を買いましょう。最初はドロップハンドルのロードバイクで大丈夫です。

慣れてくるとTTバイク(タイムトライアルバイク)が欲しくなって来ます。こちらメッチャ高い(ロードでも高い物はあります)のでロードバイクに慣れバイクの事が解り始めてから、どのメーカが自分にとっていいのか?予算は合うのか?等を考えて購入して下さい。

 

スポンサーリンク


 

ロードバイクを購入する時に気をつけたいのは、コンポーネント。日本で購入するロードバイクにはたいていシマノのコンポーネントがついています。

コンポーネントとは、ブレーキやブレキーレバー、ギアやチェーン等の事を言い、幾つかのグレードに別れています。使われるグレードとしては上から「DURA-ACE」「ULTEGRA」「105」「TIAGRA」「SORA」。

若干高くなってしまいますが「105」以上のグレードがついている物をオススメします。

ギアは「105」がついているけどチェーンは「ULTEGRA」にしよう。等と組み合わせて使う事が出来ます。上位3グレードの組み合わせの相性は良いですが、下位2グレードは上位3グレードとの相性が悪い場合があります。

「105」を使っておけば、リアのギア(スプロケット)だけ「DURA-ACE」や「ULTEGRA」なんて事も可能です。

筆者は最初イタリアのロードバイク「OLBEA」の「aqua」を15万円程で購入。コンポーネントは「TIAGRA」。一部のパーツを上位グレードの物に変更したかったのですが出来ませんでした。

orubea

今乗っているのは「CEEPO の KATANA」。基本コンポーネントは「105」ですが、要所要所で上位コンポーネントのパーツを使っています。

ceepo

 

スポンサーリンク


 

サイクルコンピュータ

スピードメーター、乗車距離、これまで乗った距離の積算距離、乗っている時間、乗っている時間の平均速度、ペダルの回転数等の情報を得る事が出来ます。

GPS付きの物になれば、何処を走ったか?を計測したり、パソコンに取り込んでこれまでの記録を集計したり等・・・色々な機能を持った物があります。

サイクルコンピュータがついてないと出られないトライアスロンの大会もあります。また、取り付けにちょっとコツが必要だったりしますので、バイクを購入する時に同時に購入して取り付けてもらうと良いでしょう。

saikuru_con


coverimage

ロングトライアスロンで完走したいあなたへ!制限時間ギリギリのトライアスロン馬鹿がお教えします。

こちらのコンテンツを当サイトで加筆、修正しながら紹介しています。

じわりと中身を公開して行きますので、のんびりおつきあいください。急いで読みたい方はAmazonでご購入を!



スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2018 triathlononline.jp All Rights Reserved.