パンク修理用具・エアポンプ・工具・ドリンクボトル/バイク道具/あったら良いな〜

公開日:
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

あったら良いな〜

バイク道具

パンク修理用具(チューブ含む)

ロングのレースにはパンクは付き物。幸い筆者はロングのレース中でのパンク経験はありませんが、レース中必ず数人のパンクを見ます
 

スポンサーリンク


 
チューブレスの場合はパンクしにくいですが、パンクした時の修理が大変です。クリンチャー(チューブタイプ)の場合は、パンクしたらパンク箇所の修理ではなくチューブを交換します。パンクしたチューブを外したら、タイヤの内側を確認し、パンクの原因となった異物を取り除きます。空気を入れるバルブを基準に、穴のあいた箇所あたりを調べます。取り除かないでチューブを入れたら、またパンクしてしまいます。

ロングのトライアスロンの場合は、チューブを2本くらい持っていたい所です。

tube_2
tube_1
tire_lebar
pank_kid

エアポンプ携帯型

こちらパンクした時に利用します。小さくて軽い物を用意し、パンクした時にとりあえずの空気を入れます。パンク修理後は、メカニックを見つけてきちんとした空気圧で空気を入れましょう。

少々大きくなってしまいますが、空気圧がわかる携帯型ポンプもオススメです。

また、ボンベタイプの物も人気ですが、筆者は使った事がありません。

keitai_airponp
 

スポンサーリンク


 

工具類

パンク修理用具に加え、六画レンチのセットやプラスドライバー、小さなペンチ、チェーンカッター、チェーンのジョイント等を持っていると便利です。

あまり使う事はありませんが、それがないとどうにもならない時があります。ちょっと高価になりますが、携行タイプのコンパクトな物をそろえて持って歩きたいです。

ドリンクホルダーにおさまる工具入れも一緒に購入しておくと便利です。

keitai_kougu
bottle_kougu

ドリンクボトル

ロングトライアスロンの場合、エイド手前でドリンクボトルをドリンクボトルキャッチャーに投げ入れます。その後エイドでドリンクボトルごと、水やスポーツドリンクを受け取ります。

投げたボトルは戻って来ません。受け取ったボトルと入れ替えになります。保冷型のしっかりしたドリンクボトルは投げないように気をつけましょう。無くなってしまっても良い安いドリンクボトルを購入し、レースに挑みます。

 


coverimage

ロングトライアスロンで完走したいあなたへ!制限時間ギリギリのトライアスロン馬鹿がお教えします。

こちらのコンテンツを当サイトで加筆、修正しながら紹介しています。

じわりと中身を公開して行きますので、のんびりおつきあいください。急いで読みたい方はAmazonでご購入を!



スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2018 triathlononline.jp All Rights Reserved.