五島長崎 国際トライアスロン大会<水戸しのぶ 著>/ロングトライアスロン移動方法

公開日:
最終更新日:2015年03月09日
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

ロングトライアスロン移動方法

東京からの移動方法等は?

五島長崎 国際トライアスロン大会<水戸しのぶ 著>

移動について

大会へは最短で2泊3日(土曜入り、月曜帰り)ですが3泊4日(金曜入り、月曜帰り)が良いです。 土曜入りの場合、選手登録13時まで、バイク預託15時まで、最終競技説明会(必須)13時15分よりとスケジュールがハードとなります。 金曜入りだと、時間に余裕があるためバイク試走やスイムも出来ます。帰りは月曜となりますが、リザルト配布、アワードパーティー、表彰式があるため午後帰りだとすべて満喫出来ます。
 

スポンサーリンク


 
応援バス

大会側で応援バスの用意があります。
応援に行かれる場合は、大会側に問い合わせてみて下さい。
10601238_677984192296213_1696944266_n

 


coverimage

ロングトライアスロンで完走したいあなたへ!制限時間ギリギリのトライアスロン馬鹿がお教えします。

こちらのコンテンツを当サイトで加筆、修正しながら紹介しています。

じわりと中身を公開して行きますので、のんびりおつきあいください。急いで読みたい方はAmazonでご購入を!



スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2018 triathlononline.jp All Rights Reserved.