もっている輪行バッグ4種類の利用シーンと使ってみた感想

公開日:
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

管理人は現在車を持っていない。ちょっと遠くへバイクを乗りに行く場合や、遠くまで行ってしまったは良いが帰ってくる気力が無くなった場合、便利に使っているのが輪行バッグである。

この輪行バッグ、これまで4種類の物を使って来た。

OSTRICH(オーストリッチ) L-100
タイオガ TIOGA コクーン
OSTRICH(オーストリッチ) OS-500
バイクポーターPRO

である。

OSTRICH(オーストリッチ) L-100

OSTRICH L-100
オーストリッチL-100

使用用途

電車での移動、知人の車、レンタカー等

使った感想他

バイクに乗るようになってから一番最初に購入した輪行バッグ。とにかく使い方が解らなかった。幾つか書籍を買ってはみたのだが、なかなか理解が出来ない。思考錯誤しながらなんとか使えるようになった。前後のホイールを外さなければならないのが玉に傷である。

とても解りにくかったので、収納方法の動画を撮影し YouTube にアップ。やり方が解らない方が沢山いるようで、10万回以上再生されている。

最近は後記する「タイオガ TIOGA コクーン」ばかり使うようになってしまったので、こちらは殆ど使わなくなってしまった。

タイオガ TIOGA コクーン

タイオガ TIOGA コクーン
タイオガ TIOGA コクーン

使用用途

電車での移動、知人の車、レンタカー等

使った感想他

今はこれが一番お勧めです。すでに二つ目に入っています。金額的にもそんなに高くないし、薄い布で出来ているのでそれなりに消耗しますが、とても便利に使わせてもらっています。

イマイチな所をあげると、袋の形状が良くない。ドリンクホルダーに付けて持ち歩きたいので、使わなくなった「OSTRICH(オーストリッチ) L-100」の袋に入れてます。

IMG_8394

OSTRICH(オーストリッチ) OS-500

OSTRICH(オーストリッチ) OS-500
OS-500

使用用途

飛行機を使った移動

使った感想他

中止になってしまった五島列島でのアイアンマンジャパンに行く為に、色々と研究したあげく購入。結局五島は中止になったので、済州島で行われた大会に参加。その時に使いました。

使用感としてはあまり良くなかったです。バイクや物を詰めると当然重くなります。転がす為のタイヤ等は付かないので自分で担がなければなりません。飛行機に預けるとそれなりに雑に扱われます。ディレイラーを付けている金具が曲がってしまった経験があります。

こちらも結果的に使用しなくなってしまいました。

以前かいたブログ記事です「オーストリッチ OS-500 トラベルバッグ に詰めてみる」。

バイクポーターPRO

バイクポーターPRO
バイクポーターPRO

使用用途

飛行機を使った移動

使った感想他

飛行機を使った移動の場合はすっかりこれです。

サイズ超過料金無料のバイクポーターpro (BIKEPORTER PRO) にバイクを詰めてみる。」こちらに詳しく書きました。

最近海外便はこのサイズ超過料金が取られるかも・・・との事です。利用する場合は事前に確認しておきましょう。

エンドの金具

どの輪行バッグを使うにも、エンドの金具は必要です。

OSTRICH(オーストリッチ) エンド金具 ロード用
リアのエンド

OSTRICH(オーストリッチ) エンド金具 フロント用
フロントのエンド

転ばぬ先のエンド金具なので、是非用意しておきたいです。



スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2017 triathlononline.jp All Rights Reserved.