ウェア・キャップ・ゴーグル/スイム道具/ 必ず必要な道具

公開日:
最終更新日:2014年10月29日
このエントリーをはてなブックマークに追加
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ

必ず必要な道具

基本的にこれがなければトライアスロンが出来ない道具です。ロングだろうがショートだろうが関係ありません。高い安いに関わらずトライアスロンレースに参加したければ買って下さい。

スイム道具

スイム用のウエア

出来れば競泳用の物やトライアスロンメーカーの物をそろえたい所です。レースの時には使わない場合もありますが、普段練習するのには必要になります。

 

スポンサーリンク


 

一人で行政の施設(学校のプール開放)で練習する場合は、いわゆる水着でもなんとかなりますが、トライアスロン仲間やトライアスロンスクールだと、遊びの水着はかなり浮きます。スイム用のウエアを用意して下さい。

海パン4

スイム用のキャップ

遊園地のプールでは着用は義務づけられていませんが、スイムを練習するプールでは着用が義務づけられています。髪の毛をプールに落とさないって事が理由との事です。

他にも理由はあるかもしれませんが、着用しなければ入れてくれませんので準備して着用しましょう。

余談ですが、レースに出るようになるとレースに出る度にスイムキャップを貰います。最初のうちは記念にとっておこう。なんて思ったのですが、どんどん数が増えてくる。そうなるとスイムキャップは、レース後はゴミ箱行きです。

周りでトライアスロンに誘ってくれた方がいたら、余っているスイムキャップがないか?訪ねてみて下さい。余っているスイムキャップをもらえるはずです。

スイムキャップ2

スイム用のゴーグル

プールの中では目を開けられたとしても、トライアスロンの大会はほぼ海。日本のロングレースの場合、洞爺湖以外は海。しかも長時間泳ぐので、ゴーグル無しでレースに挑むのはかなり無理があります。

ぶっちゃけ、無くてもレースには出られますが、必須な道具とさせてもらいました。

最近では、トライアスロン用(海で泳ぐオープンウォーター)にレンズ部分が大きめのゴーグルが販売されています。レンズ部分が大きいと、視界が広くなるので泳ぐ方向が見定めやすくなります。

そんなに高い物ではないので、色々と使ってみて自分に合うゴーグルを見つけて下さい。

ゴーグル3


coverimage

ロングトライアスロンで完走したいあなたへ!制限時間ギリギリのトライアスロン馬鹿がお教えします。

こちらのコンテンツを当サイトで加筆、修正しながら紹介しています。

じわりと中身を公開して行きますので、のんびりおつきあいください。急いで読みたい方はAmazonでご購入を!



スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2018 triathlononline.jp All Rights Reserved.