関交協が発行している自転車ルールブック「知っていますか?自転車の安全ルール」をもらった。

公開日:

ロードバイクを一般道で練習する時に、頭の片隅にでも入れておきたいなぁ〜と思いました。

ルールブックの写真と罰金の所をトライアスリートの皆さんとシェアしたく思いましたので、掲載します。

 

知っていますか?自転車の安全ルール

知っていますか?自転車の違反と罰則

自転車は、道路交通法で定められた”クルマと同じ軽車両”です。ルールを守って正しく乗りましょう。以下、代表的な違反と罰則を紹介します。

 

携帯電話やヘッドホンステレオの使用

5万円以下の罰金

自転車を運転しながらの、携帯電話や、ヘッドホンステレオの使用はたいへん危険です。

 

傘をさしながらの運転

5万円以下の罰金

雨の日の傘さし運転は、視界も狭まり、また片手運転となる事から、危険運転となります。

 

夜間の無灯火運転

5万円以下の罰金

自転車は自動車と同様、夜間のライト点灯が義務づけられており、無灯火運転は道交法違反です。

 

信号無視・一時停止無視

3ヶ月以下の懲役または
5万円以下の罰金

自動車と同様、自転車も信号・標識にはしたがわなければいけません。

 

飲酒運転

5年以下の懲役または
100万円以下の罰金

自転車であっても、飲酒運転は道交法違反です。

 

ルールとマナーを守ろう、危ない!自転車の交通事故

 

知っていますか?自転車の違反と罰則

 

レースシーズンも終わり、練習シーズンに突入です。事故や怪我の無いよう楽しく練習し、来シーズンを迎えましょう。

 



スポンサーリンク


 

スポンサーリンク

コメントを書く







コメント内容


Copyright© 2019 triathlononline.jp All Rights Reserved.